適性に合っているかどうか

情報技術分野では、開発に携わる人材の不足が続いている。開発に携わることができる技術者が足りなくなると、いずれは社会に大きな影響を及ぼす可能性も考えられるのだ。そこで、開発に携わることができるシステム開発のエンジニアを、増やしていく取り組みが大切だろう。ただし、誰でもシステムエンジニアになれるというわけではない。多少なりとも、適性にあっているかどうかは見極めが必要である。適性が合わないにもかかわらずこの職業を選ぶのであれば、後で苦労するのは本人に他ならない。
システムエンジニアに向いている・向いていないの判断は、抽象的なイメージができるかどうかで決まる。プログラミングの具体的な構築作業は、プログラマーたちが行う。さらに加えて、システムエンジニアの場合は、コンピューターシステム全体の設計を行うのが重要な役割となるのだ。そのためには、設計に必要な情報を収集して、必要とされるシステムを組み立てるための抽象的なイメージ力が求められる。実力あるシステム設計のエンジニアは、抽象的に物事を考える能力に長けているのだ。プログラマーとしては高い実力を持ちながらも、いざシステム設計となると苦手とする技術者もいるだろう。
このように、設計の仕事をこなす適正を持つかどうかが、重要なポイントである。ただし、現状であまり適性がなくとも、訓練次第ではある程度カバーはできるのだ。システムの設計の練習を繰り返しコツを掴めば、システム設計の仕事を担う役割を果たせる可能性がでてくるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です