人材不足が進行しやすい職業

企業のネットワーク化が進んだため、もはや企業活動とIT技術とは切っても切り離せない関係にある。しかし、そうした社会のIT化の一方で、システムエンジニアなどの技術者不足が叫ばれていることも事実だ。これは、IT技術がもはや各方面で必要不可欠となっている現代において、ほとんど社会問題化しているとさえいえるだろう。
なぜシ、ステムエンジニアが足りなくなってしまっているのだろうか。まず、IT技術の急速な技術革新がその理由の一つとなっていることは間違いない。常に新しい技術が生まれ、その都度技術者は新しい技術を習得していかなければならないのだ。しかし、技術者を育てることには時間がかかるため、技術の開発が進む一方で技術の習得が追い付いていない。技術をしっかりと身に付けているエンジニアがおらず、大規模なプロジェクトを発足するような場合、そうしたエンジニアばかりに負担が集中することになる。そして、心身共に健康を害するなどの事情を抱えた結果、離職を選ばざるを得ないというエンジニアが後を絶たないのだ。実際、IT関連の会社の離職率はかなり高く、それが技術者の人材不足を助長しているのだろう。
こうした状況を改善するためには、やはり雇用状態を良くするしかない。国の法律や制度などもまだまだ整備不足で、IT関連の現場と実態が一致していないというのも問題だ。待遇を改善して整った育成制度を作り上げていけば、システムエンジニアの人材不足は改善される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です