管理職の深刻な人材不足

システムエンジニアを取り巻く環境は、決して好ましいものではない。長時間労働の横行や厳しい納期の遵守など、求められる仕事の量と質のハードルが非常に高く、なかなか長続きしない職種なのだ。定年の年齢も低く、35歳程度で退職を選択する人が多いことも、人材不足に拍車をかけている要因である。
労働の大変さと定年年齢の若さが原因となり、とりわけ管理職の人材が足らない状況が続いている。管理職ともなると、システムエンジニアとしての技術的な能力はもちろんのこと、マネージメント能力やコミュニケーション能力などのさまざまなスキルも要求されるのだ。そのため、そう簡単に育成できるものでもない。そこへきて長続きしないというエンジニア業界の悪癖によって、管理職に就くべき技術者が早期退職を選択してしまうのだろう。その結果、管理職そのものが足りていないという状況に陥っているのである。しかしこれは、一面を見ればエンジニアにとって好ましい状況といえるかもしれない。管理職が足りていないのであれば、管理職を狙った転職活動にも芽が出てくるからだ。もちろん、管理職を目指すのであれば、基本的なエンジニアとしてのスキルは欠かせない。そうしたスキルに自信があるのであれば、中途採用でもいきなり高収入を目指すのは不可能ではないだろう。
システムエンジニアの人材不足は確かに深刻な状態に陥ってはいるが、逆にそうした人材不足を利用することができれば、何の問題もないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です